フットサルを極めたい子はもちろん、サッカーを極めたい子も必見です!

お子様にフットサルを勧める理由を元日本フットサル代表監督のスペイン人監督ミゲルロドリゴさんが下記のように言ってくれています。

 

ミゲル氏は重要なポイントを2つ挙げている。その1つが「1分間におけるボールとのコンタクト数がサッカーと比較するとフットサルは6倍もある」ということ。「ボールとのコンタクト数は子どものモチベーションと結びついているんです。子どもはボールに触れば触るほど楽しそうだし、喜びも大きい。そして、モチベーションは学びとつながっているんです。それは大人でも同じことですよね」と、成長過程にある子どもたちにボールを触る機会を多く与えるべきだと語っている。そして、それは2つ目のポイントである「決断の速さ」にも関係している。

《記事のリンクはこちらです。》

 

スペインやブラジルなどのサッカー強豪国は、フットサルでも強豪です。これは、フットサルをジュニアの育成期にとって重要なこととして考えられているからです。このような面からでもフットサルの重要性はわかっていただけるのではないでしょうか!?